メガネの正しいお手入れ方法
【手順1】
 流水でメガネの表面についている「ほこり」や「花粉」などを落とします。乾拭きすると、目には見えない細かなキズがレンズにつくこともあるのでご注意ください。
【手順2】
 レンズについた脂汚れや化粧汚れがある場合、水道水だけでは落ちにくいので薄めた中性洗剤のぬるま湯で濯ぎ洗いをします。それから水道水で洗剤を流します。40度以上の熱湯が掛かると、レンズ・コートの熱膨張率の違いで裸眼では見えない被膜の歪みが生じて見え方を悪くします。アルカリ・弱アルカリの洗剤はレンズを痛めてしまう可能性があるのでNGです。
【手順3】
 ティッシュペーパーや吸水性のあるキレイなタオルやガーゼ、やわらかい布などで優しく水分を拭きとります。水気の付いたまま放置すると、レンズに付いた水あとがシミのようになって取れなくなります。
【注意点】
 乾拭きは静電気で付いている砂埃などで傷を付ける場合があります。どうしても時間がない人は、ウェットティッシュタイプのクリーナーを使うのもアリです。
【参照】HOYAホームページ「正しいお手入れ方法」
 



http://スマホラジオ.net/megane/qr/teire/













Meakashi目明かし堂>企画2019>
A6(縦)・2019-03-10・メガネのお手入れ方法.jtd