共同通信社
2021/02/16
出光が超小型EVを開発 150万円以下、22年発売

KYODONEWS 出光興産とタジマモーターコーポレーションが開発中の超小型EV
 出光興産は16日、超小型の電気自動車(EV)の開発に参入すると発表した。4人乗りで価格は150万円以下を目指す。10月に発表し、2022年中に発売する予定だ。全国の給油所で販売し、カーシェアリングも検討する。脱炭素社会の進展によるガソリン販売の減少を見据え、EVを新たな収益源にする。
 開発中の超小型EVは一般的な軽自動車よりも一回り小さい。高齢者や運転経験の浅いドライバーに焦点を絞り、最高速度を時速60キロに抑える。8時間の充電で120キロ走行できるようにする。
 EVや競技車両を開発しているタジマモーターコーポレーション(東京)と新会社を4月に設立する。