総務省
2021.4.2 公開
携帯電話ポータルサイト
みなさん、自分にあった料金プランを選べていますか?
あなたの携帯電話の契約をこの機会に確認しましょう!
音声
サイト
総務省HP (2021.4.2 公開)
Q1 今の料金プランは合っていますか?
Q2 電話番号を変えずに乗り換える?
Q3 端末を変えずに乗り換える?
Q4 端末を買う際のアドバイスは?
Q5 中古端末も検討してみる?
Q6 格安スマホ / 格安SIMってなに?
Q7 通信契約はキャンセルできるの?
■加入プランと実際のデータ通信使用量の比較
皆さん、自分にあった料金プランを選べていますか?実は、大手携帯会社4社のサービスを利用する方のうち、40%以上の方が月当たり20GB以上※のプランを契約していますが、実際に20GB以上を使っている方は約10%しかいないんです
1.加入プラン別の利用者の割合
20GB以上 42.8%
 ~20GB 21.9%
  ~7GB 18.2%
  ~2GB 17.1%
2. 実際のデータ通信使用量での利用者の割合
20GB以上 11.3%
 ~20GB 10.4%
 ~10GB  3.6%
  ~7GB  8.7%
  ~5GB 16.5%
  ~2GB 49.5%
※1 四捨五入の関係上、合計が100%にならないことがあります。
※2 1.と2.の利用者は同一人物とは限りません。段階型定額制の料金プランの契約数を含まないため、契約者全体を表していません。
●利用内容とデータ通信使用量
・ニュースサイトを閲覧した場合
 0.3MB程度で1ページ/1GBで3,300ページ
・メールを送受信した場合
 0.5MB程度で1通/1GBで2,000通
・地図アプリを使用した場合
 1MB程度で10分/1GBで1,000回
・標準画質の動画を視聴した場合
 300~500MB程度で1時間/1GBで2~3時間
■携帯ブランドはこんなにある
もしかしたら、このサイトをご覧の皆さんも、実は必要以上の料金プランに入っていたり、普段の利用目的より高性能・高額なスマートフォンを使っていたり、「もったいない」携帯料金の支払いをしているかもしれません。この機会に、ご自身の支払っている通信料金の額や実際のデータ使用量を確認し、自分にぴったりなサービスをつかっているか確認しませんか?そして、やっぱり自分に合ってない!と感じられた方は、この機会に料金プランの変更や、携帯会社の乗換えを検討してはいかがでしょうか。また、実は携帯会社にはたくさんの種類があり、多くの方が使っているNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル以外にも、様々な会社が安価で便利なサービスを提供しています。ご検討の参考にしてください。
《 携帯ブランドの代表例 》
・MNOブランド
 大手携帯会社のサービス。MVNOと比べてサポートが手厚い傾向がある。
※MNOは(Mobile Network Operator)の略で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルのように自社でネットワーク整備をする大手の携帯会社をいいます。
・MVNOブランド
 大手携帯会社からのネットワークを借りる「格安スマホ」と呼ばれるサービス。ウェブ申込みなどが多いが、安価で便利に使いやすい。
※MVNOは(Mobile Virtual Network Operator)の略で、MNOからネットワークを借りてサービスを提供する携帯会社をいいます。
■コンテンツ
このポータルサイトは、以上のような観点から、皆様がご自身のニーズに合ったサービスを選択する際に参考となる情報をまとめたものです。以下のインデックスから、関心のあるコンテンツを探してみてください!
Q1 今の料金プランは合っていますか?
Q2 電話番号を変えずに乗り換える?
Q3 端末を変えずに乗り換える?
Q4 端末を買う際のアドバイスは?
Q5 中古端末も検討してみる?
Q6 格安スマホ / 格安SIMってなに?
Q7 通信契約はキャンセルできるの?
Q8 よくある質問と用語集
Q9 参考資料集
当省ホームページについて
 〒100-8926
 東京都千代田区霞が関2-1-2
 中央合同庁舎第2号館
 電話03-5253-5111(代表)