音声 再生 遠隔操作
リモートデスクトップ
「TeamViewer」
無人アクセスのセットアップ
自分のパソコンへ、外部から接続できるようにする
1.インストールの際に「後からリモートアクセスする」ようにしていた場合、インストール完了後に「無人アクセスのセットアップ」という画面が表示されます※。
※このウィザードは、タスクトレイアイコンの右クリックメニューからいつでも実行できる。

そのまま、右下の「次へ」ボタンをクリックします。
2.最初に「個人的なパスワードの定義」という画面が表示されます。
ここで、このパソコンに関連付けるパスワード※を設定しておきます。
(「パスワードの確認」欄にも、同じパスワードを入力する)
※通常生成されるランダムパスワードとは別の、不変なパスワード。
設定した固定パスワードは、オプション画面の「セキュリティ」メニューから変更することができる。
3.最後に、自分のパソコンに割り当てられた ID が表示されます。
これをどこかにメモし、右下の「完了」ボタンをクリックします。
冒頭でも書きましたが、ユーザー ID は固定されているので、むやみに公開しないようにしましょう。
4.外部からこのパソコンにアクセスする際は、次のような操作を行います。
① パソコンと「TeamViewer」を起動させておき、そのまま出かけます。
② 出先のパソコンで「TeamViewer」をダウンロード&起動 させ、メモしておいた ID と固定パスワードを入力 → リモートアクセスを行えばOK です。
(もちろん、ランダムパスワードの方を入力してもOK )
その他、パスワードの強度を変更する機能や※、接続を許可するパートナー(ID)を指定する機能 等が付いています。
※メニューバー上の「その他」から「オプション」を開き、左メニューの「セキュリティ」を選択 → 右側にある「パスワードのセキュリティレベル」欄で、パスワードの強度を設定する。
上部にある「個人的なパスワード(無人アクセス用)」欄で、固定パスワードを設定することも可能。